妊婦には葉酸が必要ってどういうことなのか

妊婦には葉酸が必要だとよく耳にすると思います。母子手帳にも書いてありますし、厚生労働省も葉酸を摂取しようと呼びかけています。ではなぜ葉酸が必要なのでしょうか。

まず一つ目は、先天異常のリスクを減らすため。妊娠初期に葉酸が不足すると神経管閉鎖障害になる確率が上がってしまうというもの。特に厚生労働省の呼びかけは、このリスクを減らすために葉酸を400ug摂りなさいと言っています。

二つ目が、葉酸はお腹の赤ちゃんにも必要な栄養素だということ。葉酸は血液だけでなく細胞を作るのにも欠かせない栄養素なので、赤ちゃんの体や血液を作るためにも十分な摂取をおすすめします。

葉酸摂取の上限は1000ugと決まっていますが、よっぽどのことがないと超えることはありえないので心配しなくても大丈夫です。通常の食事では摂れてもだいたい200ug程度。厚生労働省が呼びかけている必要摂取量は400ugなので、足りない後200ugはサプリメントなどで補うのがよいかもしれません。

販売されているサプリメントなので問題はないと思いますが、口に入れるもの(お腹の赤ちゃんに届くもの)なので、どんな源材料が使われているのかチェックはしておいたほうがよいと思います。

合成の葉酸サプリは価格が安いですが、安全面を考えたらできるだけ自然素材を使用して天然のものを摂取するのがおすすめです。まずは色んなメーカーの葉酸を比較してから、自分に合ったものを選ぶことをおすすめします。