妊婦のボディケア。子供ができたときの妊娠線を予防するための心得

妊娠線を予防するには体重管理が欠かせませんが、悪阻後の食べすぎに注意するだけでなく、妊娠線ができそうな場所はしっかりと保湿してケアすることが大切です。

ケアするときは普通のクリームやボディケア用品ではなく、妊娠線予防専用のクリームやオイルを選んだほうが保湿効果が高いので、より効果が期待できます。

ただし、初めて使用するときは肌に合わないこともあるので、成分表示などを見て苦手な成分が含まれていないかきちんと確認してください。

有名人が多く使用している海外製のストレッチマークオイルは人気が高いですが、国産のものでも十分保湿力はあるのでリーズナブルなものでも特に問題ないと思います。AFCのクリームやママ&キッズのクリームなどは、お手頃価格で使用者の評価も高いのでおすすめです。

実際にクリームやオイルでケアをし始める時期ですが、妊娠4ヶ月くらいから始めれば大丈夫だと思います。早く始めて困ることもないので、もっと早くからケアを始めてもいいかもしれません。

もし「保湿していたのに妊娠線ができてしまった」という方は、できてしまった妊娠線をケアするためのクリームも販売されているようなので一度試してみてください。

「高いクリームであれば妊娠線はできない」ということはないので、価格よりも自分に合うもの(肌質や香りなど)を選んだほうが失敗が少なくなると思います。

妊娠線クリームを選ぶときに参考になるサイト

妊娠線クリームで予防.com