妊娠中のむくみ対策

むくみといえば多くの女性が抱えている悩みですが、特に妊娠中の方は体内の血液量が増えて水分が溜まりやすくなります。

普段はめている指輪が取れにくかったり、いつも履いている靴が「なんかきついな」と感じたら、浮腫み(むくみ)を感じる初期症状です。

妊娠中は下半身の血流を心臓へ押し戻す力が弱くなるため、特にむくみやすいといわれています。

むくみを防止するには適度な運動が効果的なのですが、妊娠中であれば運動するわけにもいきません。

サプリメントに関しても、妊娠中は控えたほうがいいような気がします。

お勧めなのは簡単なリンパマッサージとむくみを予防するための呼吸法です。

リンパマッサージ法は様々なサイトで紹介されていますし、呼吸法(胸郭呼吸)も簡単に取り入れることができるので妊娠中の方にもお勧めです。

胸郭呼吸には血液やリンパ液を吸い上げる効果があるので、同じ姿勢で家事をしている方も是非取り入れてみてください。

足をマッサージするときは、ふくらはぎと内腿を中心にリンパマッサージすると血液の流れが良くなります。

踵あたりには子宮や卵巣の反射区があるので、マッサージするときは強く押さないように気をつけてください。