保護者の持っている力

学校には勉強のできる子供がいて、その子の親御さんを羨ましいと思われた方もいると思います。多くの親御さんは成績が上がらないことに対して、本人の能力が足りないと思っているのです。

でも実際には子供の能力に然程差はありません。遺伝も関係ありません。勉強ができる子供というのは、保護者のサポート能力が優れているのです。


勉強のできる子供の親というのは、結果よりも過程を大事にします。たとえ成績が上がらなくても、どうして成績が上がらなかったのか、その過程を見直して子供に改革を施すのです。それは単純に学習方法に限った話ではありません。普段の顔の表情とか、どんなことを話したとか、時間の使い方とか。常に細かいところにも目をやって、子供の変化を見逃さないようにしているのです。

次に、日常生活においてお子様と話し合う時間が非常に大切です。受験には親の希望も含まれますが、受験まで勉強するのはお子様本人であり、本人が自分でやる気にならないことには勉強の質は上がらないのです。

子供との話し合いの場で、「いったい何のために勉強をする必要があるのか」このことははっきりとさせておかなければなりません。そのことがはっきりしていないと、学校へ行くことに関しても遊ぶこと以外の目的がないことになります。

将来どういう風になりたいのか。どのように生きていきたいのか。これは一度話し合っておいたほうが良いテーマです。ただし話し合いで答えを見つけるのが目的ではなく、自分の将来について考えるきっかけを与えるのが目的だということを忘れないでください。

将来のことを考えて、自分から進んで勉強するようになれば、あとは保護者としてしっかりサポートすることで未来は大きく開けます。

厳しい受験を乗り切るために、素晴らしいサポート能力を発揮して、子供と共に受験という壁に立ち向かってください。