子供の学習に良い食事

【 朝ご飯は毎日きちんと 】
朝ご飯を食べると頭の働きがよくなるといいますが、実際に朝ご飯のお米やパンにはブドウ糖が含まれています。脳はエネルギーとしてブドウ糖しか食べません。ブドウ糖は脳にとってなくてはならないエネルギー源なのです。そしてそのブドウ糖をエネルギーにして働かせるためにはビタミンB1が必要です。ビタミンB1を多く含む食材には、豆類や牛乳などがあるので、朝ご飯に組み合わせるといいですね。


また、朝ご飯のおかずとして定番の卵料理。この卵にはコリンという栄養素が豊富に含まれています。コリンを取ると記憶力が上がると言われています。

さらに、カルシウムを摂取しておくと、イライラを抑える効果があるので、勉強へのストレスも軽減され、より効果的に勉強できるでしょう。

【 受験シーズンの夜食について 】
まず基本となる朝、昼、晩の3食はしっかりと取るようにしてください。その後、お腹がすいて勉強に集中できないようであれば、軽めの夜食を用意しましょう。ここで食べ過ぎると眠くなってしまいますし、翌朝の朝食が食べれないようだと、かえって逆効果になってしまいます。

夜食を摂ることは悪い事ではありません。勉強の合間の気分転換となりますし、脳の栄養になる糖質を補えば、勉強の効率をアップすることができます。また食べ物を噛むことによって脳を刺激することができるので、疲れた脳をリフレッシュするなどの様々な利点があります。