英語を学ぶ時期について

主要な科目の中で、もっとも大事な科目なのが英語です。将来お子様が、文系に進むにしても理系に進むにしても必要な科目です。また就職を考えた時に、英語の知識があるのとないのでは、非常に大きな差があります。

一般的に語学の勉強は早ければ早い方がよいと言われています。ただし、それは受験英語に特化した話ではなく、外国語を使うときに苦労する「音」を学ぶということです。


英会話教室や英語学習教材などは、受験に特化した英語とは違って楽しく学ぶことができます。小さいお子様にとって、英語に興味を持つ初めの一歩として非常にお勧めです。もちろん早い時期から英語の「音」を学んでおくと受験にも必ず役立ちますし、将来どんな仕事に就いたとしても、英語が話せることは決して無駄にはなりません。

また中高生のお子様にとっても、意欲・関心があれば英会話の能力はどんどん伸びます。英会話は勉強に対する負担が少ないので、英語に苦手意識を持っているお子様にとっても、英語を好きになる良いきっかけになってくれると思います。

英会話教室や英語学習教材にも、低学年向けのプログラムから、全年齢層を対象としたプログラムまで、その種類は様々です。お子様にとって楽しく勉強できる環境でないと、身に付くものも身に付かないので、実際に検討される場合は、資料を請求するなどきちんとした下調べを必ず行ってください。