保護者としてどこまで関与するのか

受験において、特に中学受験に関しては保護者の関与が非常に重要なポイントです。中高生に比べて小学生は、精神的にもまだまだ弱い部分があります。勉強に対する意欲も高くはないと思います。より自発的に机へと向かわせるために、保護者の支えは欠かせないものなのです。

では保護者として一体どこまで関与すればよいのでしょうか?


それは、あくまでも裏方として子供の自主性を促すサポートをすることです。「勉強しなさい」と言って、一方的に勉強を強制するのではなく、なぜ自分には勉強することが必要なのか、勉強することによってどんな明るい未来が待っているのか。教えてあげるのではありません。本人に気付いてもらう事が大事なのです。

その以外でも、食事の面でサポートすることができます。日常生活で悩んでいることがあれば、そのことに気付いてあげる事、相談に乗ってあげる事も大事です。勉強に疲れているのであれば、程よい息抜きを与えてあげることも重要です。勉強が上手く捗らないのであれば、効果的な勉強方を学び、提案してあげるのも良いかもしれません。

たとえ裏方にまわったとても、保護者として関与できることはたくさんあります。なによりも大事なのは子供の自主性です。保護者が主導権を握って勉強を強制するのではなく、お子様の自主性を促すために、保護者として何が出来るのか。まずはその事をきちんと考えることから始めるべきだと思います。