子供を塾に通わせる時期はいつ頃?

お子様を塾に通わせるタイミングについては、もちろん、早ければ早いに越した事はないのかもしれません。しかし無理やりお子様を塾に通わせたとしても、おそらくは長続きしないでしょう。

大事なのは、無理やり親の主張として塾に通わせるのではなく、お子様の方から自主的に塾に通いたいと提案されて、入塾させる方がベストです。ただ待っているだけでは、一向に勉強に対する意識は芽生えて来ないままかもしれません。特に低学年であればあるほど、勉強に興味がないお子様が多いのが事実です。大抵の場合は、友人とのコミュニケーションなどから、受験のことが気になり始めて、「今からでも大丈夫だろうか?」という思いを胸に入塾される方が多いようです。


お子様が自分から勉強への意欲を持つためには、保護者のさり気ないサポートが重要です。直接的な勉強への関与は塾などに任せてもいいですが、勉強に対する意欲の面では、できるだけ親子一体となってサポートしていきましょう。

きっかけが無ければ、何も変わることはありません。しかし何か一つのきっかけで、お子様が驚くような変化を見せることがあるのです。

そして最後にもう一つ、塾に通わせるタイミングについて、遅すぎるからもう駄目だということは決してありません。現状では、早い時期から入塾していても、勉強に質が伴ってない場合が非常に多いからです。むしろ早い時期から通っている生徒が、安心・油断しているのだとすれば、お子様の勉強に対する意欲次第で、短期間の内に他の生徒を追い越す事は十分に可能なのです。