子供が声優になりたいと言ってきたら

最近の声優ブームで、声優になりたいと夢見ている子供が増えてきています。

もちろん夢を目指すことは悪いことではありませんが、子供が思っている以上にとても険しい道が待っているでしょう。

声優になるためには養成所に通い、プロダクションへのオーディションに合格しなければなりません。

プロダクションに所属できたとしても、アニメの配役として選ばれるには、さらに製作側のオーディションを突破しなければいけません。

途中で挫折してしまう方も多く、保護者側から見たら簡単に賛成できるような道ではありません。

仮に子供に強い意志があり、目指す道を応援するのであれば、声優を目指すための学校選びは非常に重要です。

というのも、その道の専門学校を卒業したからといって簡単になれるようなものではないからです。

声優を目指すのであれば、養成所に通うのが一般的ですが、種類も多いのでどの養成所に通わせたらよいのか選ぶのが難しいかもしれません。

基本的な基準は養成所の選び方で確認できます。一番大事なのはプロダクションとのつながりです。

それまでの基礎的なトレーニングも重要で、日々努力していなければ就けるような職業ではありません。

子供の意思を確認して、どれくらい本気なのかをきちんと把握してください。もしそれほど本気でないのであれば、別の道を模索することを進めたほうが良いかもしれません。