子供の成長後、学習への手引き

「うちの子供は評判の良い塾に通わせているから大丈夫」

将来受験を控えているお子様がいらっしゃる方で、このような考えを持っている方はいませんか?実際には、評判の良い塾に通わせたからといって、成績が上がるとは限りません。

成績に直接影響を与えるのは、2つの要素がポイントとなります。

1 つ目はお子様自身が持っている勉強に対する意欲です。勉強に対する意欲が強ければ強いほど、勉強の質が上がります。例えば、同じ90分の勉強でも、勉強に対する意欲が違えば、実際に身に付く知識の量にかなりの差がでます。時間=勉強量ではなく、時間×意欲=勉強量となるのです。

ただ闇雲に「勉強をしなければならない」という意識を植え付けるのではありません。大事なのは「勉強しなければならない」のではなく、「何のために勉強するのか」なのです。お子様に将来の自分をイメージさせ、その目標に辿り着くために勉強を勧めるべきなのです。

2 つ目は「お子様にあった学習プランであるのか」ということです。有名進学校への合格率が高いからという理由で、塾を選んだのだとしても、その授業自体に付いていけないのでは、全く意味がありません。逆に、すでに知っている知識ばかりを授業されても、時間を有効に使っているとは言えません。どんな塾を選ぶにしろ、今のお子様の実力にあった学習プランを提供できるかが何よりも大事なのです。

お子様の状況に合った学習プランを提供できる塾を選び、その勉強に質が伴えば、成績は上がり、必ずや目標を達成することができると思います。