作成者別アーカイブ: sui

子供にも注意が必要!子供にも起こる難聴の種類

難聴といえば年齢を重ねた方に起こる聴覚障害というのが一般的ですが、子供にも起こる難聴があります。

外傷・病気的なものとしては、おたふく風邪が原因で起こる「ムンプス難聴」や、耳の中耳の症状の悪化によって起こる「滲出性中耳炎」による伝音性難聴が多いです。ムンプス難聴はおたふく風邪自体を予防する必要がありますし、中耳の障害による難聴は耳鼻科で中耳炎を治療する必要があります。

これらの外傷・病気的なもの以外で気をつけなければいけないのが、大きな音に曝されることで起こる騒音性難聴です。特に最近では携帯音楽プレーヤーで音楽を聴く子供が増えて、「ヘッドホン難聴」「イヤホン難聴」が急増しています。これらの騒音性難聴を防ぐには、長時間大きな音で音楽を聴かないこと、音楽を聴いたら耳を適度に休ませることが大切です。

ムンプスや騒音性の感音性難聴は、一度聞こえなくなると回復するのが難しい病なので、もしもに備えてきちんと対策しておく必要があります。大切な子供を守るためには、「大丈夫だろう」と油断せずに、子供の耳に危険がないか日頃から注意を払うようにしてください。

大人も感動できる心温まる絵本「おまえうまそうだな」

「おまえうまそうだな」は、フジテレビ系列でも放送されていて、さらには映画化も決まっている大人気の絵本です。その他にも同じ作者の絵本が「ティラノサウルスシリーズ」として子供たちに愛されています。子供に読み聞かせる絵本として「おまえうまそうだな」をはじめとした「ティラノサウルスシリーズ」はかなりお勧めですよ。

子供を心地よく寝付かせる「スランバーベアー」のぬいぐるみ

NHK総合テレビの「あさイチ」でも紹介された「スランバーベアー」は、母親の子宮内の音がするぬいぐるみです。赤ちゃんは子宮の音を聞くと、お腹の中にいた頃を思い出して安心します。安心した赤ちゃんは心地よくスヤスヤ眠ってしまうそうです。

赤ちゃんが大きくなっても可愛いくまのぬいぐるみとして使えるので、子供のおもちゃとしても可愛くて最適です。赤ちゃんがなかなか寝付いてくれなくて困っているかたにお勧めのアイテムですよ。


リラックス効果でストレス発散。人気のアロマグッズ

アロマには緊張やストレスを和らげ心をリラックスさせる効果があるので、ストレス発散にとても効果的です。香りには人それぞれ好みがありますが、様々な種類のアロマオイルがあるので自分に合ったアロマオイルを探すことができます。

アロマでのストレス発散でお勧めなのが、空気中に香りを漂わせるタイプのアロマグッズです。空気中に香りを漂わせるタイプのアロマグッズは、見た目も可愛くてインテリアとしても非常に重宝します。使用方法も簡単で値段もお手頃なので一つ持っておくとストレス発散に使えて便利です。


管理人お勧めの無料ブログ

ブログを作って日記を書くといっても、無料ブログには運営会社によって様々な種類があり、使い方によってどのブログを選んだほうがよいのか変わってきます。他の人とコミュニケーションをとりたいのか、普通にブログを書いて他の人に見てほしいのか、ブログを使ってお小遣いを稼ぎたいのか、それぞれの目的に合った管理人のお勧め無料ブログを紹介します。

WordPressでブログを作成する方法

無料ブログを利用してもよいですが、独自ドメインを取得してWordPressを利用すると、自分だけのオリジナルブログを作ることができます。WordPressはカスタマイズが色々とできるので、デザインにこだわりたい方にもお勧めです。WordPressブログを作成するにはある程度知識があったほうがよいかもしれませんが、長く個人ブログを運営したい方にお勧めです。

続きを読む

無理やり楽しませようとしない事

低学年のお子様であれば、英会話など子供向けのプログラムで学習すれば楽しく勉強できると思います。ですが高学年になり、勉強そのものが難しくなると、勉強は楽しいものではなくなります。そこで無理やり勉強を楽しませようとしても、集中力の邪魔になるだけでお子様にとって迷惑な行為となってしまいます。

高学年になって勉強が楽しいと思える瞬間は、自分で問題が解けたときです。楽しさ実感できるようになるためには、毎日勉強する習慣をつけることが一番の近道なのです。そのために保護者の方ができることといえば、勉強以外での間接的なサポートです。食事の管理や家庭内の空気作りなど、できることは多いはずです。

無理やり勉強を楽しませようとするのではなく、勉強が辛いものだと認識し、陰ながら支えることが何よりも大事なのです。

保護者の持っている力

学校には勉強のできる子供がいて、その子の親御さんを羨ましいと思われた方もいると思います。多くの親御さんは成績が上がらないことに対して、本人の能力が足りないと思っているのです。

でも実際には子供の能力に然程差はありません。遺伝も関係ありません。勉強ができる子供というのは、保護者のサポート能力が優れているのです。

続きを読む

子供の学習に良い食事

【 朝ご飯は毎日きちんと 】
朝ご飯を食べると頭の働きがよくなるといいますが、実際に朝ご飯のお米やパンにはブドウ糖が含まれています。脳はエネルギーとしてブドウ糖しか食べません。ブドウ糖は脳にとってなくてはならないエネルギー源なのです。そしてそのブドウ糖をエネルギーにして働かせるためにはビタミンB1が必要です。ビタミンB1を多く含む食材には、豆類や牛乳などがあるので、朝ご飯に組み合わせるといいですね。

続きを読む

英語を学ぶ時期について

主要な科目の中で、もっとも大事な科目なのが英語です。将来お子様が、文系に進むにしても理系に進むにしても必要な科目です。また就職を考えた時に、英語の知識があるのとないのでは、非常に大きな差があります。

一般的に語学の勉強は早ければ早い方がよいと言われています。ただし、それは受験英語に特化した話ではなく、外国語を使うときに苦労する「音」を学ぶということです。

続きを読む

勉強に対する正しい時間の使い方

【 正しい時間の使い方について 】
勉強をするにあったって、必要なのは勉強に対する集中力です。集中力を持続させることができる時間は人それぞれですが、一般的に小学生は45分、中高生は90分がベストだといわれています。それ以上勉強を続けても、集中力が続かないため効果が薄く非効率的なのです。また、大学受験の試験時間が90分なので、中高生の場合この時間設定に慣れておくと、受験当日にも非常に有利です。

小学生は45分、中高生は90分。この時間を目安にきちんとした休憩を与え、集中力を回復させるようにしてください。休憩時間は30分あればいいと思います。好きな音楽を聴いてリラックスするのも良いでしょう。保護者としてできることは、休憩時間をきちんと知らせてあげるのと同時に、脳の動きを活性化させる甘いおやつを用意してあげるのも良いと思います。

続きを読む